笠間 WEB SHOP

注文方法 : お求めの書籍の書影をクリックしてください。
1.最寄りの書店からご注文 2.各種ネット書店からご注文 3.弊社からご注文(①宅配便(送料有料) ②PayPalを利用(送料無料))

 

啄木短歌論

河野 有時(著)

A5判  304頁 上製
定価 3,800円+税
ISBN 978-4-305-70889-2 C0095
在庫あり

奥付の初版発行年月 2018年04月
書店発売日 2018年04月10日
登録日 2018年04月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

啄木短歌がなければ近代に短歌はあっても、短歌の近代などなかった。

「何を歌うか」「どう歌うか」という問いに、「なぜ歌うか」という問いが浸潤する。
近代における短歌と対峙し、短歌における近代の扉を開いた啄木。
本書は、「近代」と「短歌」をつなぎとめる鎹(かすがい)となった啄木短歌の多様な試みと、
啄木と歌との個性的なかかわりを考察し、その歌の果たした役割に迫る。

目次

はしがき

凡例

序    

Ⅰ 啄木短歌の言葉と表現

1 手を見るまえに  
2 さばかりの事  
3 「ふと」した啄木  

Ⅱ 『一握の砂』の詩的時空

1 ウサギとアヒルと『一握の砂』  
2 石川啄木と非凡なる成功家  
3 啄木「おもひ出づる日」の歌  
4 啄木の耳  
5 忘れがたき独歩  
6 亡児追悼──『一握の砂』の終幕  

Ⅲ 『一握の砂』への道

1 「曠野」の啄木──啄木短歌と散文詩  
2 明治四十一年秋の紀念  
3 Henabutte yatta ──啄木のへなぶり歌  

Ⅳ 啄木短歌から現代短歌へ

1 『池塘集』考──口語短歌の困惑  
2 はだかの動詞たち──啄木短歌における動詞の終止形止めの歌について
3 鶴嘴を打つ群を見てゐる──短歌表現におけるテイル形に関する一考察  

初出一覧  
あとがき  

引用短歌索引  
人名索引
歌書索引

前書きなど

啄木自身は「正直に言へば、歌なんか作らなくてもよいやうな人になりたい」と願ってもいたようです。
だから、啄木が歌を作るときには、「何を歌うか」「どう歌うか」という問いに、「なぜ歌うか」という問いが浸潤しました。そうやって、啄木は短歌という表現形式とずっと向き合ってきたのです。
短歌が自我の詩であり、一人称の詩型であれば、それはまた「私」と向き合うことにほかなりません。
……本書・はしがきより

著者プロフィール

河野 有時(コウノ アリトキ)
1968年大阪府生まれ。
東北大学文学部卒業、東北大学大学院文学研究科博士課程国文学専攻単位取得退学。
東京都立航空工業高等専門学校を経て、現在、東京都立産業技術高等専門学校教授。
博士(文学)。
著書に『コレクション日本歌人選035 石川啄木』(2012年1月、笠間書院)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文方法

3,800円(税抜)

在庫あり

最寄りの書店からご注文

紀伊國屋書店(新宿本店)旭屋倶楽部三省堂書店・岩波ブックセンター 東京都書店案内

弊社からご注文

(1) 宅配便(送料有料)

住所・氏名・電話番号を明記の上、直接下記宛にご注文ください。宅配便にて発送いたします。送料は380円を承ります。お支払方法は、代金引換、または書籍に同封の郵便払込用紙(00110-1-56002)にてのお支払い(ご注文金額によっては、先払いをお願いすることもございます)のいずれかをご指定ください。

(2) PayPalを利用(送料無料)
購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。