笠間 WEB SHOP

注文方法 : お求めの書籍の書影をクリックしてください。
1.最寄りの書店からご注文 2.各種ネット書店からご注文 3.弊社からご注文(①宅配便(送料有料) ②PayPalを利用(送料無料))

 

室町時代の女装少年×姫 『ちごいま』物語絵巻の世界

阿部泰郎(監修) / 江口啓子(編集) / 鹿谷祐子(編集) / 末松美咲(編集) / 服部友香(編集)

B5変型判  268頁 
定価 3,500円+税
ISBN 978-4-305-70875-5 C0093

書店発売日 2019年03月22日
登録日 2019年03月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

寺に仕える男の子、児(ちご)が姫に一目惚れ!
女房を装って姫に近づく彼の想いは叶うのか?
周囲の僧や貴族、天狗までをも巻き込んで、恋に突き進む「男の娘(おとこのこ)」の大冒険。

紹介

寺に仕える男の子、児(ちご)が姫に一目惚れ!女房を装って姫に近づく彼の想いは叶うのか?

寺に仕える男の子、児(ちご)が姫に一目惚れ!
女房を装って姫に近づく彼の想いは叶うのか?
周囲の僧や貴族、天狗までをも巻き込んで、恋に突き進む「男の娘(おとこのこ)」の大冒険。
室町時代成立の「お伽草子」を、マンガ的吹き出しつき現代語訳と絵巻写真で紹介。
詳細な解説、「読みのポイント」、豊富なコラムで物語世界のすべてがわかる!
■カバーイラスト
近藤ようこ

目次

【目次】
はじめに●室町時代の「男の娘」の冒険![鹿谷祐子]

『ちごいま』登場人物紹介
I 現代語訳
現代語訳をお読みになる前に
…上巻…
第1段 すばらしい姫君
第2段 姫君の病
第3段 垣間見
第4段 恋の病
第5段 乳母の策略
第6段 「今参り」誕生
第7段 女装して内大臣家へ
第8段 琵琶を弾く児
第9段 姫君のおそばへ
第10段 想いを伝える
第11段 はかない蜜月
第12段 姫君の懐妊
第13段 帰還の命
…下巻…
第14段 つらい別れ
第15段 児の誘拐、姫君の出奔
第16段 さまよえる姫君
第17段 天狗の世界
第18段 尼天狗の助力
第19段 乳母との再会
第20段 内大臣家の騒ぎ
第21段 姫君の出産
第22段 うれしい知らせ
第23段 乳母の宰相殿の訪問
第24段 姫君の帰還
第25段 大団円

II 本文と語注
本文と語注をお読みになる前に
上巻
下巻
コラム①姫君の「琴」—箏と和琴
コラム②女房の序列と女房名
コラム③児とはどのような存在か
コラム④絵に描いた松
コラム⑤「先立つ」涙について
コラム⑥女童「あこ」について
コラム⑦新参女房「今参り」の設定
コラム⑧児と芸能
コラム⑨「煙」が表す恋心
コラム⑩男と女の「逃れぬ御契り」
コラム⑪『ちごいま』のなかの『源氏』
コラム⑫『ちごいま』と『狭衣』
コラム⑬一つ蓮の契り
コラム⑭「御煎じ物」と「山の芋」について
コラム⑮仏の「子を思ふ」喩えとは
コラム⑯乳母の宰相殿について
コラム⑰ふたりの「侍従」
コラム⑱『ちごいま』と『住吉』

III 解説
1 キャラクター
2 成立と作者
3 本の種類について(甲子園学院本/奈良絵本/個人蔵本/旧細見本/円福寺本)
4 絵の魅力いろいろ
『ちごいま』女房名一覧

IV 読みのポイント
このキャラに注目![江口啓子・末松美咲]
1 内大臣家のユニークな女房たち
2 最強のサポート役! 乳母と尼天狗
3 覗けば深い!? 天狗の世界

児をめぐる愛と欲望の世界[服部友香]
1 僧と女性はライバル?—『ちごいま』と児物語
2 ほかにもあった、児と女性の恋物語

王朝文化にあこがれて[鹿谷祐子]
1 浮舟の面影をさがして—『源氏物語』のあらすじ本と『ちごいま』
2 『ちごいま』の和歌と王朝憧憬

世界にはばたく『ちごいま』—メリッサ・マコーミック氏の論文の紹介[服部友香]

『ちごいま』から絵ものがたりの世界を拓く[阿部泰郎]

あとがき◉『ちごいま』との出会いの軌跡[阿部泰郎]

著者プロフィール

阿部泰郎(アベ ヤスロウ)
名古屋大学大学院人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター教授。著書に『湯屋の皇后』(1998年)、『聖者の推参』(2001年)、『中世日本の宗教テクスト体系』(2013年)、『中世日本の世界像』(2018年)(いずれも名古屋大学出版会)など。
江口啓子(エグチ ケイコ)
豊田工業高等専門学校講師。共著に『風葉和歌集新注一』(青簡舎、2016年)、『風葉和歌集新注二』(青簡舎、2018年)。論文に「画中詞の創作―『住吉物語』絵巻と『児今参り』絵巻」(『説話文学研究』53号、説話文学会、2018年)、「『新蔵人』絵巻にみる画中詞-越境するテクスト」(『名古屋大学国語国文学』109号、名古屋大学国語国文学会、2016年)など。
鹿谷祐子(シカタニ ユウコ)
国立木浦大学校日語日文学科招聘教員。博士(文学)。共著に『風葉和歌集新注一』(青簡舎、2016年)、『風葉和歌集新注二』(青簡舎、2018年)。論文に「お伽草子『ちごいま』の柏木物語受容」(『名古屋大学国語国文学』106号、名古屋大学国語国文学会、2013年)、「『我が身にたどる姫君』一品宮と不婚内親王立后」(『古代文学研究第二次』古代文学研究会、2013年)など。
末松美咲(スエマツ ミサキ)
名古屋大学大学院人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター研究員。博士(文学)。論文に「絵草紙屋「小泉」と奈良絵本制作―勝興寺蔵『硯わり』を中心に」(『名古屋大学国語国文学』110号、名古屋大学国語国文学会、2017年)、「お伽草子『硯わり』における物語化の方法―加藤家本系統を中心に」(『伝承文学研究』65号、伝承文学研究会、2016年)など。
服部友香(ハットリ ユカ)
愛知教育大学非常勤講師。論文に「『住吉物語』と小野小町-引用された小町詠のはたす機能を中心に」(『中古文学』83号、中古文学会、2009年)、「『小町集』における「山里」-屏風絵の「山里の女」との関わりから」(『名古屋大学国語国文学』99号、名古屋大学国語国文学会、2006年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文方法

3,500円(税抜)

最寄りの書店からご注文

紀伊國屋書店(新宿本店)旭屋倶楽部三省堂書店・岩波ブックセンター 東京都書店案内

弊社からご注文

(1) 宅配便(送料有料)

住所・氏名・電話番号を明記の上、直接下記宛にご注文ください。宅配便にて発送いたします。送料は380円を承ります。お支払方法は、代金引換、または書籍に同封の郵便払込用紙(00110-1-56002)にてのお支払い(ご注文金額によっては、先払いをお願いすることもございます)のいずれかをご指定ください。

(2) PayPalを利用(送料無料)
購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。