日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 【笠間文庫】原文&現代語訳シリーズ

堤中納言物語

池田 利夫(著)

四六判  276頁 
定価 1,500円+税
ISBN 978-4-305-70419-1 C0395
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2006年09月
書店発売日 2006年09月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

異色の輝きを放つ王朝の短編物語集。全文を、この一冊に凝縮。王朝物語の系譜ながら、近代的な機知と諧謔に富む、洗練された味わいを持つ。現代語訳対照・類黎歌合注解・解説・和歌初二句索引・論評付き
今改めて問う。
堤中納言物語は、我々に何を呼びかけているのか。
川端康成は言っている。
平安末期の物語であるが、その精神と形式とにおいて、
他の同時代物語を圧して、次代の新興文学に呼びかけている点では、
文学史上注目すべき作品だ。
昭和初期の国文学界の鬼才、藤岡作太郎は、
「虫めづる姫君」の作者がもし女性であるとするなら、
よほど精神のしっかりした、教養のある時代に先んじた婦人ではなかったか、と語った。

著者プロフィール

池田 利夫(イケダ トシオ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,500円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。