笠間 WEB SHOP

注文方法 : お求めの書籍の書影をクリックしてください。
1.最寄りの書店からご注文 2.各種ネット書店からご注文 3.弊社からご注文(①宅配便(送料有料) ②PayPalを利用(送料無料))

 

古今和歌集論 万葉集から平安文学へ

宇佐美 昭徳(著)

A5判  324頁 上製
定価 7,500円+税
ISBN 978-4-305-70375-0 C3092
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2008年06月
書店発売日 2008年06月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

歌の分類や、韻律、先行歌利用などの観点から、古今和歌集の「古」と「今」のあり方を論じる、新見に満ちた研究。

古今和歌集の「古」と「今」のあり方を論じる、新見に満ちた研究。
◆従来「読人知らず歌」は総じて古い時代の歌と考えられてきたが、
撰者はこれを「六歌仙時代より古い歌群」と「六歌仙以後の歌群」に
分けてとらえている。
◆古今集の歌、古今集以後の平安朝の歌は、
文法的終止箇所に左右されることなく「三句切れ」の歌である。
◆万葉集・古今集それぞれの類同歌を分類・整理し、新古今集「本歌取り」と比較。
先行歌利用という作歌方法が、時代により目的を異にしつつ和歌文学の基盤となっていることを論じる。

目次

本書の概要
第一編 対峙する「古」と「今」
 第一章 恋歌の分類意識
 第二章 読人しらず歌
 第三章 万葉集の三大部立との関係
 第一編 結論
第二編 古今集の「韻律」
 第二編 序
 第一章 韻律究明の方法
 第二章 短歌形式の第三句
 第二編 結論
第三編 和歌文学と先行歌利用
 第一章 万葉時代における先行歌利用
 第二章 古今集時代における先行歌利用
 第三章 貫之の「詠歌の方法」
 第三編 結論
資料編 万葉集「作者未詳歌群」巻七・
   十・十一・十二に関する類歌一覧
初出一覧/あとがき/和歌索引

著者プロフィール

宇佐美 昭徳(ウサミ アキノリ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文方法

7,500円(税抜)

在庫僅少

最寄りの書店からご注文

紀伊國屋書店(新宿本店)旭屋倶楽部三省堂書店・岩波ブックセンター 東京都書店案内

弊社からご注文

(1) 宅配便(送料有料)

住所・氏名・電話番号を明記の上、直接下記宛にご注文ください。宅配便にて発送いたします。送料は380円を承ります。お支払方法は、代金引換、または書籍に同封の郵便払込用紙(00110-1-56002)にてのお支払い(ご注文金額によっては、先払いをお願いすることもございます)のいずれかをご指定ください。

(2) PayPalを利用(送料無料)
購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。