日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 論集中古文学

平安後期物語と歴史物語論集 中古文学〔4〕

中古文学研究会(編)

四六判  262頁 
定価 2,500円+税
ISBN 978-4-305-70113-8 C3092
品切れ・重版未定

奥付の初版発行年月 1982年02月
書店発売日 1982年02月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

[執筆者]稲賀敬二/河添房江/樋口芳麻呂/神尾暢子/伊井春樹/関根賢司/原國人/深沢三千男/川田康幸/山内益次郎

目次

〔稲賀/敬二/(いなが/けいじ)〕〔河添/房江/(かわぞえ/ふさえ)〕〔樋口/芳麻呂/(ひぐち/よしまろ)〕〔神尾/暢子/(かみお/のぶこ)〕〔伊井/春樹/(いい/はるき)〕〔関根/賢司/(せきね/けんじ)〕〔原/國人/(はら/こくひと)〕〔深沢/三千男/(ふかさわ/みちお)〕〔川田/康幸/(かわた/やすゆき)〕〔山内/益次郎/(やまうち/ますじろう)〕

著者プロフィール

中古文学研究会(チュウコブンガクケンキュウカイ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

2,500円(税抜)

品切れ・重版未定

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。