日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 万葉集夏季大学

人麿を考える 万葉夏季大学第十三集

上代文学会(編)

四六判  177頁 
定価 1,800円+税
ISBN 978-4-305-70104-6 C3092
品切れ・重版未定

奥付の初版発行年月 1985年12月
書店発売日 1986年01月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

[執筆者]青木生子/辰巳正明/高野正美/阿蘇瑞枝/橋本達雄/森朝男/大久間喜一郎

紹介

1952年の会の創設時よりつづいた上代文学会万葉夏季大学シリーズ

目次

憶良と類聚歌林 比護隆界憶良の言葉 林勉沈痾と自哀−憶良と漢詩文− 辰巳正明憶良と旅人−老・病・死の意識と文学的創造 大久保廣行山上憶良と子等 森淳司憶良と仏教−仏典を突き抜けていること− 小野寛国司憶良 稲岡耕二憶良と死 橋本達雄〔青木/生子/(あおき/たかこ)〕〔辰巳/正明/(たつみ/まさあき)〕〔高野/正美/(たかの/まさみ)〕〔阿蘇/瑞枝/(あそ/みずえ)〕〔橋本/達雄/(はしもと/たつお)〕〔森/朝男/(もり/あさお)〕〔大久間/喜一郎/(おおくま/きいちろう)〕

著者プロフィール

上代文学会(ジョウダイブンガクカイ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,800円(税抜)

品切れ・重版未定

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。