日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 梅光学院大学公開講座論集 6

文学の力 時代と向き合う作家たち 梅光学院大学公開講座論集62

佐藤泰正(編著) / 加藤典洋(著) / 金貞淑(著) / 北川透(著) / 奥野政元(著) / 渡辺玄英(著) / 加藤邦彦(著)

四六判  200頁 並製
定価 1,000円+税
ISBN 978-4-305-60263-3 C0395
在庫あり

奥付の初版発行年月 2014年03月
書店発売日 2014年03月28日
登録日 2014年02月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

時代の生み出す矛盾、その根源を問うことこそ文学のかかえる必然の課題である--文学の力とは何か、7名の論者が追究する。◎加藤典洋/金貞淑/北川透/奥野政元/渡辺玄英/加藤邦彦/佐藤泰正

紹介

時代の生み出す矛盾、その根源を問うことこそ、文学のかかえる必然の課題である。文学の力とは何か、7名の論者が追究する。

時代の生み出す矛盾、
その根源を問うことこそ
文学のかかえる必然の課題である--
文学の力とは何か、7名の論者が追究する。

目次

●コンティンジェントであることの力
加藤典洋
●漱石文学の翻訳をめぐって--風土を超えて生きる文学の力とは何か--
金貞淑
●宮沢賢治と鳥たち--「よだかの星」『銀河鉄道の夜』を中心に--
北川透
●森鴎外 歴史小説のはじまり
奥野政元
●一九六〇年代と現代詩
渡辺玄英
●近代詩人の死と空虚--鮎川信夫「死んだ男」の「ぼく」と「M」をめぐって--
加藤邦彦
●〈文学の力〉の何たるかを示すものは誰か--漱石、芥川、太宰、さらには透谷にもふれつつ--
佐藤泰正

執筆者プロフィール

著者プロフィール

佐藤泰正(サトウ ヤスマサ)
1917年生。梅光学院大学客員教授。文学博士。著書に『日本近代詩とキリスト教』(新教出版社)、『夏目漱石論』(筑摩書房)、『佐藤泰正著作集』全13巻(翰林書房)、『中原中也という場所』(思潮社)、『これが漱石だ。』(櫻の森通信)、共著に、佐藤泰正・山城むつみ『文学は〈人間学〉だ。』(笠間書院)ほか。
加藤典洋(カトウ ノリヒロ)
1948年生。文芸評論家。早稲田大学教授。著書に『アメリカの影』、『日本風景論』(ともに講談社文芸文庫)、『敗戦後論』(ちくま文庫)、『3・11 死に神に突き飛ばされる』(岩波書店)など。近刊予定に『有限性のほうへ』(新潮社、仮題)がある。
金貞淑(キム ジョンスク)
1949年生。北九州市立大学非常勤講師。翻訳家。著書に『私の生、私の物語』(延梨出版社、共著)、訳書(韓国語)に『道草』(イレ出版社)、『硝子戸の中』(文学の森社)、『門』(ビチェ社)ほか。
北川透(キタガワ トオル)
1945年生。梅光学院大学特任教授。著書に『中島敦論考』(桜楓社)、『芥川龍之介論』(翰林書房)などがある。その他森鴎外、夏目漱石、遠藤周作についての論文がある。
奥野政元(オクノ マサモト)
1935年生。梅光学院大学名誉教授。著書に『北村透谷・試論』(全三巻、冬樹社)、『萩原朔太郎〈詩の原理〉論』(筑摩書房)、『詩的レトリック入門』(思潮社)、『谷川俊太郎の世界』(思潮社)、『中原中也論集成』(思潮社)など。
渡辺玄英(ワタナベ ゲンエイ)
1960年生。詩人。梅光学院大学講師。読売新聞(西部本社)詩時評連載中。著書に詩集として『破れた世界と啼くカナリア』(思潮社)、『火曜日になったら戦争に行く』(思潮社)、『海の上のコンビニ』(思潮社)など。
加藤邦彦(カトウ クニヒコ)
1974年生。梅光学院大学准教授。博士(文学)。著書・論文に『中原中也と詩の近代』(角川学芸出版、2010年3月)、「「荒地」というエコールの形成と「現代詩とは何か」」(「るる」第1号、2013年12月)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,000円(税抜)

在庫あり

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。