日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 梅光学院大学公開講座論集 5

三島由紀夫を読む 梅光学院大学公開講座論集第59集

佐藤 泰正(編)

四六判  192頁 並製
定価 1,000円+税
ISBN 978-4-305-60260-2 C0395
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2011年03月
書店発売日 2011年03月15日
登録日 2011年02月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

2010年に没後40周を迎えた三島由紀夫。
小説をはじめ、戯曲、詩、交友関係などから
8名の論者が三島作品を証言・追究する。

目次

●三島由紀夫、「絶対」の探究としての言葉と自刃
富岡幸一郎 
●畏友を偲んで
高橋昌也 
● 『鹿鳴館』の時代――明治の欧化政策と女性たち
久保田裕子
●文学を否定する文学者――三島由紀夫小論
中野新治 
●近代の終焉を演じるファルス――三島由紀夫『天人五衰』(『豊饒の海』第四巻)を読む
北川 透 
●三島由紀夫『軽王子と衣通姫』について――西洋文学と『春雨物語』の影響
倉本 昭 
●冷感症の時代――三島由紀夫『音楽』と「婦人公論」
加藤邦彦 
●三島由紀夫とは誰か――その尽きざる問いをめぐって
佐藤泰正 

あとがき
執筆者プロフィール

著者プロフィール

佐藤 泰正(サトウ ヤスマサ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,000円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。