日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 梅光女学院大学公開講座

漱石を読む 梅光女学院大学公開講座論集第48集

佐藤 泰正(編)

四六判  199頁 
定価 1,000円+税
ISBN 978-4-305-60249-7 C0395
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2001年04月
書店発売日 2001年04月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

[執筆者]古井由吉/湯浅信之/宮野光男/小林慎也/石井和夫/中野新治/北川透/田中実/石崎等/佐藤泰正

紹介

作家古井由吉の巻頭エッセイをはじめ、錚々たる漱石論者10名による漱石論。「坊ちゃん」「虞美人草」「三四郎」「行人」「明暗」等の作品を読み解き、テクストとしての漱石に迫る。

目次

漱石随想 古井由吉漱石における東西の葛藤−留学から『草枕』までを中心に− 湯浅信之「坊つちやん」を読む−清はどこへ行ったのか− 宮野光男漱石と朝日新聞 小林慎也人情の復活−『虞美人草』の「憐れ」− 石井和夫強いられた近代人−「夢十夜」を中心に− 中野新治〈迷羊〉の彷徨−『三四郎』の二分法− 北川透「整つた頭」と「乱れた心」−『行人』私論− 田中実『明暗』における下位主題群の考察(その二) 石崎等〈漱石を読む〉とは−あとがきに代えて− 佐藤泰正

著者プロフィール

佐藤 泰正(サトウ ヤスマサ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,000円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。