日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 梅光女学院大学公開講座

癒しとしての文学 梅光女学院大学公開講座論集第42集

佐藤 泰正(編)

四六判  179頁 
定価 1,000円+税
ISBN 978-4-305-60243-5 C3395
在庫僅少

奥付の初版発行年月 1998年04月
書店発売日 1998年04月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

[執筆者]斎藤和明/宮川健郎/樋口日出雄/松浦義夫/宮野光男/村中季衣/黒田敏夫/松浦美智子/鶴谷憲三/佐藤泰正

紹介

文学は「癒し」としてどのような機能を果たすのか。読むことにおける癒しと同時に、書くことにおける癒しにも目を向けた、清新な論考10編を収める。〈ソフトカバー〉

目次

イギリス文学と癒しの主題 斎藤和明癒しは、どこにあるか−新しい児童文学を読みながら考える− 宮川健郎トマス・ピンチョンにみる癒し 樋口日出雄魂の癒しとしての贖罪 松浦義夫文学における癒し−矢代静一『江戸のろくでなし』を中心にして− 宮野光男読書療法をめぐる十五の質問に答えて 村中李衣宗教と哲学における魂の癒し 黒田敏夫ブラウニングの詩に見られる癒し 松浦美智子『人生の親戚』を読む 鶴谷憲三〈癒しとしての文学〉とは−あとがきに代えて− 佐藤泰正

著者プロフィール

佐藤 泰正(サトウ ヤスマサ)
1917年生まれ。梅光女学院大学学長。著書に「漱石・芥川・太宰」「方法としての詩歌」ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,000円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。