日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 上代文学会研究叢書

懐風藻 漢字文化圏の中の日本古代漢詩

辰巳 正明(編)

A5判  249頁 
定価 6,600円+税
ISBN 978-4-305-60162-9 C3095
品切れ・重版未定

奥付の初版発行年月 2000年11月
書店発売日 2000年11月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

懐風藻を扱った初の総合研究書。日本最古の漢詩集を東アジア文化の中で捉え、漢字文化圏における東アジアの共有財産として、また万葉集にも大きな影響を与えた日本文化の源泉としての真価を見出す。

目次

Ⅰ 基調報告懐風藻−東アジア漢字文化圏の漢詩 辰巳正明Ⅱ 詩讌と漢詩君臣和楽と同志交遊と−『懐風藻』宴集詩考 井実充史懐風藻の侍宴応詔詩と中国文学 高潤生清風、阮嘯に入る−『懐風藻』の詩宴における阮籍の位相 増尾伸一郎Ⅲ 東アジア交流懐風藻にみる「風景」の成立−東アジアの中の古代文学 呉哲男懐風藻と万葉集との交流 太田善之東アジアの漢詩と僧侶−『懐風藻』僧伝研究序説 山口敦史Ⅳ 懐風藻の詩学懐風藻と中国の詩律学 黄少光懐風藻と中国詩学−『懐風藻』序文の意味するところ 波戸岡旭Ⅴ 懐風藻の写本系統懐風藻の諸写本 沖光正『懐風藻』文献目録

著者プロフィール

辰巳 正明(タツミ マサアキ)
1945年生まれ。国学院大学教授。著書に「万葉集と比較詩学」「悲劇の宰相長屋王」「詩の起源」などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

6,600円(税抜)

品切れ・重版未定

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。