日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 奥の細道古註集成

奥の細道古註集成1

西村 真砂子(編) / 久富 哲雄(編)

A5判  354頁 
定価 12,000円+税
ISBN 978-4-305-60108-7 C3092
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2001年02月
書店発売日 2001年02月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

江戸期の人々が、おくのほそ道をどう読んでいたか。現在入手の困難な江戸期の注釈書21本を本文と対照させて翻刻・集成する。本書は〔1〕漂泊の思い〜〔26〕瑞巌寺までを収める。全二冊本の1。

紹介

松尾芭蕉の「おくのほそ道」に関する江戸時代の注解本、21本を対照させながら収録する。1巻では、1.漂泊の思いから26.瑞巌寺までを収める。

著者プロフィール

西村 真砂子(ニシムラ マサコ)
〈西村〉1925年大阪府生まれ。梅花女子大学名誉教授。
久富 哲雄(ヒサトミ テツオ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

12,000円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。