日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 古典ライブラリー

宮廷に生きる 天皇と女房と

岩佐 美代子(著)

四六判  184頁 
定価 1,700円+税
ISBN 978-4-305-60038-7 C3392
在庫僅少

奥付の初版発行年月 1997年06月
書店発売日 1997年06月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

中古・中世、宮廷を中心に華やかに栄えた文壇の重要な担い手としての「女房」。女房に共通の気質ー女房かたぎとは? 女房的なお宮仕えを幼時から体験した著者による中古・中世女流文学の魅力溢れる講演集。

紹介

中古・中世、宮廷を中心に華やかに栄えた文壇の重要な担い手としての「女房」。女房に共通の気質-女房かたぎとはどのようなものであったか。女房的な「お宮仕え」を幼時から体験した著者による中古・中世女流文学の魅力溢れる講演集。

目次

女房の眼−私のお宮仕え−『花園院宸記』−天皇の日常と思索−光厳天皇−その人と歌−女房の日記−表現の「真実」を求めて−『とはずがたり』の衣裳−その言わずして語るもの−『蜻蛉日記』の衣裳−「我が染めたるとも言はじ」−

著者プロフィール

岩佐 美代子(イワサ ミヨコ)
1926年東京都生まれ。女子学習院高等科卒業。鶴見大学名誉教授。文学博士。著書に「木々の心花の心」「玉葉和歌集全注釈」ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,700円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。