日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 古典ライブラリー

一寸法師のメッセージ

藤掛 和美(著)

四六判  169頁 
定価 1,748円+税
ISBN 978-4-305-60037-0 C3395
在庫僅少

奥付の初版発行年月 1996年01月
書店発売日 1996年01月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

一寸法師はなぜ針の刀なのか? 著者は魔よけとしての針の威力と裁縫の重要性を嫁入り本としての一寸法師に見る。打出の小槌の霊力の根源は? 等、民族学・伝承からひもときつつ、隠れたメッセージを読む。

紹介

江戸時代に出された「御伽草子」中の「一寸法師」を正しく知る事により、「一寸法師」が発信する現代へのメッセージをくみとる。出生から姫君との出会い、鬼退治で「打出の小槌」を奪い大きくなるまでを検証していく。

目次

1 いま、「一寸法師」は?2 「一寸法師」のルーツは?3 一寸法師は神様の授かり子4 「化け物姿」だった一寸法師5 三条宰相殿に居候の一寸法師6 策略により姫君を手に入れる一寸法師7 何も言わずに一寸法師に従う姫君8 鬼を退治し「打出の小槌」を奪う一寸法師9 貴族の子孫だった一寸法師10 御伽草子「一寸法師」のメッセージ

著者プロフィール

藤掛 和美(フジカケ カズヨシ)
1938年愛知県生まれ。名古屋大学文学部卒業。中部大学女子短期大学日本語日本文化学科主任教授。編著書に「お伽草子入門」「枕草子総索引」など。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,748円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。