日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 古典ライブラリー

王朝まどろみ論

高橋 文二(著)

四六判  344頁 
定価 2,136円+税
ISBN 978-4-305-60036-3 C3395
在庫僅少

奥付の初版発行年月 1995年05月
書店発売日 1995年05月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

王朝文学の特質を日本固有の「まどろみ」的な状況から読み解いてゆく。例えば待つことに生きた女流作家の「夜と昼」「この世と常世」重層する時空間を、照射した論考と折口信夫の「重層的な視点」に迫る。

紹介

女流文学の作者たちは日常の、男たちを待つ時間にあっても、神仏との出会いを待つ参篭の時間にあっても、しばしば、「まどろみ」の状態に入った。「まどろみ」の中で育った王朝女流文学の想像力を読み解く。

目次

第一部 王朝仮名文学の世界一 王朝まどろみ論−女流文学一面−二 王朝仮名文学世界の精神的基盤−慰籍と執としての「自然」−三 『蜻蛉日記』の風景描写と女の立場四 描かれない風景−『更級日記』小見−五 王朝女流日記文学の喪失と成熟六 『土佐日記』小見−貫之の歌の時間性と空間性をめぐって−七 「あくがるる心」と鎮魂八 「読歌(よみうた)」の系譜−「古代歌謡」と『源氏物語』−九 場(ヽ)所(ヽ)としての地名から象(ヽ)徴(ヽ)としての地名へ−「歌物語」の視座から−十 物語の時空十一 『源氏物語』の原風景−鬼と狐と稲荷のことなど−第二部 折口信夫ノート一 重層する視点二 折口信夫の感性と言語表現をめぐって三 折口信夫の視座と物語研究

著者プロフィール

高橋 文二(タカハシ ブンジ)
1938年東京都生まれ。駒沢大学、同志社大学、京都大学などに学び、現在、駒沢大学で平安文学を講ずる。著書に「風景と共感覚」「三島由紀夫の世界」「紫式部日記」など。*

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

2,136円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。