日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 万葉集夏季大学

万葉集抒情の流れ 万葉夏季大学第十集

上代文学会(編)

B6判  201頁 
定価 1,300円+税
ISBN 978-4-305-50145-5 C1390
品切れ・重版未定

奥付の初版発行年月 1983年09月
書店発売日 1983年09月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

1952年の会の創設時よりつづいた上代文学会万葉夏季大学シリーズ

目次

額田王から人麻呂へ 橋本達雄人麿から憶良へ 森朝男黒人から赤人へ 高橋六二憶良から虫麻呂へ−抒情と方法について− 井村哲夫憶良から家持へ 大久保廣行旅人から家持へ 露木悟義坂上郎女から家持へ 服部喜美子後撰和歌集以後 柴生田稔〔橋本/達雄/(はしもと/たつお)〕〔森/朝男/(もり/あさお)〕〔高橋/六二/(たかはし/ろくじ)〕〔井村/哲夫/(いむら/てつお)〕〔大久保/廣行/(おおくぼ/ひろゆき)〕〔露木/悟義/(つゆき/のりよし)〕〔服部/喜美子/(はっとり/きみこ)〕〔柴生田/稔/(しばうた/みのる)〕

著者プロフィール

上代文学会(ジョウダイブンガクカイ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,300円(税抜)

品切れ・重版未定

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。