日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 笠間選書

比較文学ノート

小玉 晃一(著)

B6判  326頁 
定価 1,500円+税
ISBN 978-4-305-50019-9 C1390
品切れ・重版未定

奥付の初版発行年月 1985年01月
書店発売日 1985年01月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

日本の近代化に外国小説の果たした役割は大きい。ここでは「海外の比較文学/昭和前期における外国文学の導入/日本英文学の京都学派/エマソン/国木田独歩」他、比較文学研究の最前線を語る。

紹介

日本の近代化に外国小説の果たした役割は大きい。ここでは「海外の比較文学/昭和前期における外国文学の導入/日本英文学の京都学派/エマソン/国木田独歩/ホイットマン、ポーと日本文学/漱石とアメリカ文学/有島武郎とイプセン」他、比較文学研究の最前線を語る。

著者プロフィール

小玉 晃一(コダマ コウイチ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,500円(税抜)

品切れ・重版未定

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。