日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 中世王朝物語全集

とりかへばや 中世王朝物語全集12

友久 武文(編著) / 西本 寮子(編著)

A5判  370頁 
定価 4,900円+税
ISBN 978-4-305-40092-5 C3393
在庫あり

奥付の初版発行年月 1998年06月
書店発売日 1998年06月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

異腹のきょうだい二人は性を取り違えられたまま、男君は女として、女君は男として成人。男尚侍、女中納言の身に起こる数々の出来事。異装を解除し、互いの立場を入れ換えた二人は、栄達への道を上っていく。

紹介

とりかへばや(とりかへばや)

友久武文 西本寮子[校訂・訳注]

大納言の異腹のきょうだいは、
引っ込み思案の男君と活発な女君であった。
大納言の「とりかへばや」の嘆きをよそに、
性を取り違えられたまま、男君は女として、女君は男として成人する。
女中納言は右大臣の四の君と結婚するが、宰相に密通され、
自身も見破られて懐妊し、女姿に戻って出産する。
男君は尚侍として女春宮に出仕し契りを結ぶが、
男姿に戻って女中納言を探し出す。
再会した二人は、それぞれの立場を入れ換えて、
栄達への道を上っていく。

目次

凡例

とりかへばや(とりかへばや)友久武文 西本寮子[校訂・訳注]

巻一 注
巻二 注
巻三 注
巻四 注
年立・系図・梗概・解題・参考資料

前書きなど

刊行に際して


 院政期から鎌倉時代の間に成った王朝物語は、
『松浦宮物語』『石清水物語』『有明の別』その他、
現存作品だけでも二十八部の多きに達するにかかわらず、
最近まで一様に「擬古物語」という称を与えられて、
ひたすら平安朝物語の模倣作とされ、
読むに値しないものと見なされてきた。
従って、大部分はごく少部数の原典の翻字があるのみで、
現代語訳もほとんど刊行されていないのが現状である。
 その結果、それらが一般の読者にまったく読まれなかったのは
やむを得なかったとしても、専門の研究者ですら、
この時期の物語の文体には特異な語彙や語法があるという点もあって、
右のような常識に甘んじて、
自ら作品を読み、研究を進める姿勢が乏しかった嫌いがあるように思われる。
これらの作品がこうしてひとしなみに継子扱いを受けてきた最大の理由は、
作品の内容にあるのではなく、
現代語訳がほとんど無かったという事実に由来するのである。
 もし、今、それぞれに読みやすい本文を立て、現代語訳を添えることが出来れば、
これらの作品の面目は、世上俄に一新され、
その評価にも再検討が加えられるに違いない
———我々は、数年以前から期せずして、この一致した見解の元に準備を重ね、
同志を糾合して、「中世王朝物語研究会」を組織し、
市古貞次・三角洋一編『鎌倉時代物語集成』七巻の本文の完結に引き続いて、
ここに本全集を刊行することにした。
日本文学史の数少ない盲点の一つが、この全集によって明らかにされ、
それが広く読まれることで、
その評価も見直される日の近いであろうことを期して疑わない。
ここに、江湖諸賢のご支援を切に望むものである。

編者

著者プロフィール

友久 武文(トモヒサ タケフミ)
西本 寮子(ニシモト リョウコ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

4,900円(税抜)

在庫あり

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。