日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 昭和文学研究 5

昭和文学研究 第55集

昭和文学会編集委員会(編)

A5判  168頁 並製
定価 4,200円+税
ISBN 978-4-305-00355-3 C3393
品切れ・重版未定

奥付の初版発行年月 2007年09月
書店発売日 2007年09月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

学会誌として、従来、会員以外は入手困難だったものが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年2回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費7000円、入会金1000円)。

目次

●投稿論文
「ナンセンス」を巡る〈戦略〉
 ー井伏鱒二「仕事部屋」の秘匿と「山椒魚」の位置ー 平浩一
「病友」なる支配ー小川正子『小島の春』試論ー 荒井裕樹
存在の透明度ー中島敦「弟子」考ー 奴田原諭
戦場の性と記憶をめぐるポリティクス
 ー田村泰次郎「春婦伝」が伝えるものー 天野知幸
「女作者」から『私の東京地図』への転回
 ー戦後出発期の佐多稲子にみる〈戦争と女性作家〉ー 谷口絹枝
小林秀雄『近代絵画』論ールノアールの成立をめぐってー 鈴木美穂
編集される記憶と「家族の物語」
 ー小川洋子「博士の愛した数式」におけるサイボーグ的表象ー 山田夏樹
●研究動向
稲垣足穂 高橋孝次
会津八一 中西亮太
金子光晴 中村誠
目取真俊 野坂昭雄
●研究展望
プランゲ文庫をめぐる文学研究の課題と可能性 時野谷ゆり
前衛詩・モダニズム詩 澤正宏
或る〈作家名〉のもとに集うこと
 ー谷崎潤一郎研究パリ国際シンポジウムに参加してー 日高佳紀
出版メディアと文学・作家・読者ー改造社に関する研究会に参加してー 庄司達也
●書評
花田俊典著『沖縄はゴジラかー〈反〉・オリエンタリズム/南島/ヤポネシアー』 杉浦晋
大原祐治著『文学的記憶・一九四〇年前後ー昭和期文学と戦争の記憶ー』 木田隆文
井上隆史著『三島由紀夫 虚無の光と闇』 有元伸子
坂本正博著『帰郷の瞬間 金井直『昆虫詩集』まで』 竹内清己
下岡友加著『志賀直哉の方法』 永井善久
浦田義和著『占領と文学』 奥出健
押山美知子著『少女マンガ ジェンダー表象論
 ー〈男装の少女〉の造形とアイデンティティ』 信時哲郎
●新刊紹介
黒古一夫著『魂の救済を求めてー文学と宗教との共振ー』
渡邊澄子著『野上彌生子ー人と文学ー』
南雄太著『村上龍作家作品研究ー村上龍の世界地図ー』
濱川勝彦・半田美永・秦昌弘・尾西康充編著『丹羽文雄と田村泰次郎』
和田博文・真銅正宏・西村将洋・宮内淳子・和田桂子著
 『言語都市・ベルリン 1861-1945』
岩淵宏子・長谷川啓編『ジェンダーで読む 愛・性・家族』
一柳廣孝編著『オカルトの帝国ー一九七〇年代の日本を読むー』
中山昭彦・吉田司雄編『機械=身体のポリティーク』
芥川龍之介研究年誌の会編『芥川龍之介研究年誌 1』
佛教大学文学部編『見えない世界の覗き方ー文化としての怪異ー』

会務委員会だより
編集後記

版元から一言

【事務局】(ご注文以外のお問合せ先)
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-3 笠間書院内 昭和文学会事務局
電話03-5281-3075

著者プロフィール

昭和文学会編集委員会(ショウワブンガクカイヘンシュウイインカイ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

4,200円(税抜)

品切れ・重版未定

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。