日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 風土記研究

風土記研究 第32号

風土記研究会(編)

A5判  92頁 並製
定価 4,000円+税
ISBN 978-4-305-00302-7 C3395
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2008年07月
書店発売日 2008年07月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

「風土記」を研究する風土記研究会の学会誌(年刊)。古代史・上代文学史の他、地理・郷土・地名・思想諸学にもつながる論考を収録。

「風土記」を研究する風土記研究会の学会誌。古代史、上代文学史のほか、地理学、郷土学、地名学、思想学にもつながる論考を収録。従来は、会員以外の入手は困難でしたが、通常の書籍同様、書店でご注文いただけるようになりました。年一回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費3000円)。
【事務局】
〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 埼玉大学教育学部国語教育講座 飯泉研究室 風土記研究会埼玉事務局 電話048-858-3177

目次

●巡行する神の伝承について—出雲国風土記を中心に— 松本直樹

●「日本国見在書目録」所収の地理書について(その二) 薄井俊二

●特別寄稿 
 口承文学として風土記
  —播磨国風土記にあらわれる「麻打山」の新解釈— パーマ・エドウィーナ

会員近著・報告・予告

著者プロフィール

風土記研究会(フドキケンキュウカイ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

4,000円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。