日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 高岡市万葉歴史館論集

四季の万葉集 高岡市万葉歴史館論集12

高岡市万葉歴史館(編)

四六判  360頁 上製
定価 2,800円+税
ISBN 978-4-305-00242-6 C1392
在庫あり

奥付の初版発行年月 2009年04月
書店発売日 2009年04月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

詠われた素材を探る。

万葉人はどのように歌に詠む素材を選んだのか。
それぞれの季節に深くかかわる動植物から
テーマを選びその内実を明らかにする。

紹介

詠われた素材を探る。万葉人はどのように歌に詠む素材を選んだか。それぞれの季節に深くかかわる動植物からテーマを選び論じていく。

詠われた素材を探る。

万葉人はどのように歌に詠む素材を選んだのか。
それぞれの季節に深くかかわる動植物から
テーマを選びその内実を明らかにする。

目次

○小野 寛
万葉集の季節歌

○菊川恵三
うぐいす歌への視点

○田中夏陽子
万葉びとと桜--その心象世界--

○奥村和美
越中のほととぎすは家持に何と鳴いたか

○菊地義裕
万葉の「藤」--越中における「藤波」詠を中心に--

○上野 誠
みやびの鹿とひなびの鹿

○鈴木武晴
千葉の彩

○西 一夫
萬葉後期の狩りの歌--家持の「詠二白大鷹一歌」をめぐって--

○新谷秀夫
冬ごもり今は春べと咲くやこの花--『萬葉集』の「冬の梅」から考える--

○関 隆司
正月の歌

○岡田芳朗
『万葉集』時代の暦

○川崎 晃
大地裂ける夏から稔りの秋へ--国司の雨乞いと稲種をめぐる二題--

著者プロフィール

高岡市万葉歴史館(タカオカシマンヨウレキシカン)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

2,800円(税抜)

在庫あり

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。