日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 高岡市万葉歴史館論集

伝承の万葉集 高岡市万葉歴史館論集2

高岡市万葉歴史館(編)

四六判  326頁 
定価 2,800円+税
ISBN 978-4-305-00232-7 C1392
在庫僅少

奥付の初版発行年月 1999年03月
書店発売日 1999年03月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

多角的な視座から「伝承」をテーマに気鋭の研究者が迫る。[執筆者]佐伯有清/大久間喜一郎/川晃/針原孝之/原田貞義/多田一臣/関隆司/内田賢德/三浦佑之/中葉博文/新谷秀夫

紹介

「伝承」をテーマに多角的な視座で、雄略天皇歌とされる巻頭歌から大伴家持作の最終歌まで、気鋭の研究者が論じる。「大津皇子とその周辺」「筑紫歌壇における伝承」「綺譚の女たち」など、11論文を収録。

目次

雄略天皇と万葉巻頭歌 佐伯有清磐姫皇后歌群の素顔 大久間喜一郎大津皇子とその周辺 川崎晃柿本人麻呂の死と石見 針原孝之筑紫歌壇における伝承−旅人と憶良・その「伝説」との向き合い方− 原田貞義水江浦島子を詠める歌 多田一臣虫麻呂の伝承したもの−菟原処女墓歌から− 関隆司綺譚の女たち−巻十六有由縁− 内田賢徳竹取翁と九人の娘子ら−「竹取翁歌」と『竹取物語』− 三浦佑之ハクイ(羽咋)の地名由来考 中葉博文「新しき年の初め」の家持−「伝誦」という視点− 新谷秀夫

著者プロフィール

高岡市万葉歴史館(タカオカシマンヨウレキシカン)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

2,800円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。