日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。
書評あり

 

戯曲を読む術 戯曲・演劇史論

林 廣親(著/文 他)

A5判  296頁 上製
定価 3,700円+税
ISBN 978-4-305-70801-4 C0093
在庫あり

奥付の初版発行年月 2016年04月
書店発売日 2016年04月05日
登録日 2016年03月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

書評情報

2016-11-30 演劇学論集 今井克佳氏
2016-11-15 日本近代文学 岩佐壮四郎氏
2016-08-27 図書新聞 鴨川都美
2016-05-15 読売新聞 

紹介

戯曲のことばを前に「なす術を知らない」
思いにとらわれてこそ読みへの意欲は動き出す──

技術や方法では得がたい
作品の読みを模索した、記録の集積。

〈劇文学〉という言葉が生きていた時代、
戯曲は文学的感受をもって読まれていた。

舞台・劇評にこだわる今日の読みを離れ、
「戯曲の読み」を柱とした戯曲論。

文学・演劇に関心を持つすべての人へ。

目次

はじめに

第Ⅰ部●読みによる戯曲研究の射程

第一章 森鷗外「仮面」論―〈伯林はもつと寒い......併し設備が違ふ〉
一/二/三/四/五/六/七/八

第二章 岡田八千代「黄楊の櫛」論―鷗外・杢太郎の影
一 劇作家としての八千代について/二 八千代戯曲の個性と「黄楊の櫛」/三 作品論への視界/四 おつなの性格造型について/五 私は私でいたい―おつなの悲劇/六 「和泉屋染物店」との響き合い

第三章 岸田國士「沢氏の二人娘」論―菊池寛「父帰る」を補助線として
一 作品論のモチーフと仮説/二 「父帰る」への通路/三 愛子はなぜ家を出たのか/四 バガボンドの悲喜劇

第四章 井上ひさし「紙屋町さくらホテル」論―〈歴史離れ〉のドラマトゥルギー
一 はじめに/二 作品観の問題/三 長谷川清のつくられかた/四 〈戦争責任〉の中身/五 〈天皇陛下の名代〉から〈亡くなった人たちの名代〉へ/六 「さくら隊」の〈歴史離れ〉について/七 新劇と井上ひさしの劇/八 おわりに

第Ⅱ部●読みのア・ラ・カルト

第一章 谷崎潤一郎「お国と五平」
一/二/三

第二章 横光利一「愛の挨拶」
一/二/三

第三章 矢代静一「絵姿女房―ぼくのアルト・ハイデルベルク」
一 作家的自立に関わる側面から/二 典拠を視野に入れて/三 恋ゆずりのいきさつ/四 「絵姿」の意味/五 自己決定のかたち

第四章 田中千禾夫「マリアの首―幻に長崎を想う曲」
一 その魅力について/二 忍と鹿の関係について/三 「白鞘の短刀」の意味/四 神話の呪縛を超えて―忍の物語/五 鹿とは何者か

第五章 渋谷天外「わてらの年輪」
一 松竹新喜劇と「わてらの年輪」/二 二都(三都)物語の世界/三 老いらくの恋の波紋/四 八重という女/五 どんでん返しの奥行き/六 人生......この喜劇的なるもの

第六章 恩田陸「猫と針」 

第Ⅲ部●演劇史・戯曲史への視界

第一章 近現代演劇史早分かり 上・下
上―旧劇から新劇へ―
一 〈演劇的近代〉の幕開き/二 活歴劇と演劇改良会/三 新派劇の発生と成熟/四 新劇の誕生/五 草創期の近代戯曲/六 大正期の演劇
下―戦前から戦後へ―
一 築地小劇場開幕を中仕切りとした展望/二 プロレタリア演劇をめぐって/三 築地小劇場の分裂/四 戦時下の演劇/五 新劇の戦後/六 戦後の戯曲をめぐって/七 小劇場運動以後
【参考文献】
▼演劇一般・日本演劇全般/▼戯曲・評論関係の基本的なテクスト/▼近代(および現代)演劇の展開にかかわる通史的なもの/▼戯曲史関連/▼当事者の回想による演劇史談/▼作家論・演劇論その他/▼資料・年代記など

第二章 演劇と〈作者〉―山本有三の場合
一 はじめに/二 ある挫折について/三 〈劇作家〉をめざして―「生命の冠」まで/四 歴史劇への移行が意味するもの
▼補注 山本有三戯曲年表

第三章 〈演劇の近代〉と戯曲のことば―木下杢太郎「和泉屋染物店」・久保田万太郎「かどで」を視座として
一/二/三/四/五/六

初出一覧
あとがき

索引[書名・人名・事項]

前書きなど

ハウツーで教え、また教わるような読みの方法は在り得るかもしれないが、自立した個々の作品の味解にそうしたものがどこまで役立つのか疑わしい。また方法への関心がすなわち読みへの関心ではないだろう。プロットとストーリーを区別するセンスさえ体得していれば、むしろ戯曲のことばを前にして「なす術を知らない」思いにとらわれてこそ、読みへの意欲は動き出すに違いない。拙著の題は「戯曲を読む術(すべ)」と読んでいただきたい。所収の作品論は何れも作品を前にした際の徒手空拳の思いから始まっている。作品を読み解く「術(じゅつ)」は、個々の作品のありように即してそのつど編み出されるしかない。本書の内容は基本的に模索の集積であり、一般的な読みの方法を説こうとしたものではない。...「はじめに」より

著者プロフィール

林 廣親(ハヤシ ヒロチカ)
1953年、奈良県奈良市生まれ。神戸大学文学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻博士課程中途退学。東京大学文学部助手を経て、現在成蹊大学文学部教授。専門は日本近代文学および演劇。近著に「志賀直哉の文体─覚え書き風に」(『国語と国文学』平成25年11月)、「志賀直哉『好人物の夫婦』を読む─信じていた、でも言ってほしかった─」(『成蹊國文』平成27年3月)、「春夫と演劇」(『佐藤春夫読本』平成27年10月 勉誠出版)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

3,700円(税抜)

在庫あり

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。