日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 和歌文学の世界

論集 万葉集 和歌文学の世界 第十一集

和歌文学会(編)

四六判  314頁 
定価 3,000円+税
ISBN 978-4-305-70011-7 C3092
在庫僅少

奥付の初版発行年月 1987年12月
書店発売日 1987年12月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

[執筆者]曽倉岑/金井清一/坂本信幸/植垣節也/原田貞義/芳賀紀雄/遠藤宏/村瀬憲夫/森淳司/戸谷高明/桜井満/長谷川政春/竹下豊/井上豊/阿部正路

目次

額田王−従山科御陵退散之時の歌− 曽倉岑柿本人麻呂−その「天」の用例、「天離」など− 金井清一山部赤人−難波宮従駕作歌をめぐって− 坂本信幸山上憶良−領巾振り伝説歌の表現を通して− 植垣節也高橋虫麻呂−「登筑波山歌」をめぐって− 原田貞義大伴家持−ほととぎすの詠をめぐって− 芳賀紀雄東歌−枕詞の様相− 遠藤宏作者未詳歌−巻十二羈旅歌部の編纂− 村瀬憲夫万葉の風土−海洋− 森淳司『景』序論 戸谷高明万葉の民俗−端午の歌をめぐって− 桜井満貫之と万葉集−その接点をさぐる− 長谷川政春俊頼と万葉集−万葉摂取歌の位相− 竹下豊真淵と万葉集−万葉学の発達を中心として− 井上豊子規と万葉集−根源への回帰を中心に− 阿部正路〔曽倉/岑/(そくら/たけし)〕〔金井/清一/(かない/せいいち)〕〔坂本/信幸/(さかもと/のぶゆき)〕〔植垣/節也/(うえがき/せつや)〕〔原田/貞義/(はらた/さだよし)〕〔小野/寛/(おの/ひろし)〕〔芳賀/紀雄/(はが/のりお)〕〔遠藤/宏/(えんどう/ひろし)〕〔村瀬/憲夫/(むらせ/のりお)〕〔森/淳司/(もり/じゅんじ)〕〔戸谷/高明/(とや/たかあき)〕〔桜井/満/(さくらい/みつる)〕〔長谷川/政春/(はせがわ/まさはる)〕〔竹下/豊/(たけした/ゆたか)〕〔井上/豊/(いのうえ/ゆたか)〕〔阿部/正路/(あべ/まさみち)〕

著者プロフィール

和歌文学会(ワカブンガクカイ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

3,000円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。