日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 和歌文学の世界

論集 和歌とは何か和歌文学の世界 第九集

和歌文学会(編)

四六判  270頁 
定価 2,800円+税
ISBN 978-4-305-70009-4 C3092
在庫僅少

奥付の初版発行年月 1984年11月
書店発売日 1984年11月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

[執筆者]渡邊昭五/阿蘇瑞枝/安田純生/稲田利徳/乾安代/後藤昭雄/伊井春樹/福井迪子/浅見和彦/安井久善/新間一美/鈴木淳/佐佐木忠慧

目次

歌謡から和歌へ 渡邊昭五比喩歌の流れ 阿蘇瑞枝和歌から歌謡へ 安田純生和歌と連歌 稲田利徳和歌と俳諧 乾安代漢詩文と和歌−延喜七年大井河御幸詩について− 後藤昭雄物語における和歌−独詠歌の展開− 伊井春樹和歌と日記との間−蜻蛉日記− 福井迪子説話と和歌−芦刈説話の生成と変容− 浅見和彦軍記と和歌 安井久善仏教と和歌−無常の比喩について− 新間一美国学者における和歌の意味 鈴木淳歌枕の形成 佐佐木忠慧〔渡邊/昭五/(わたなべ/しょうご)〕〔阿蘇/瑞枝/(あそ/みずえ)〕〔安田/純生/(やすだ/すみお)〕〔稲田/利徳/(いなだ/としのり)〕〔乾/安代/(いぬい/やすよ)〕〔後藤/昭雄/(ごとう/あきお)〕〔伊井/春樹/(いい/はるき)〕〔福井/迪子/(ふくい/みちこ)〕〔浅見/和彦/(あさみ/かずひこ)〕〔安井/久善/(やすい/ひさよし)〕〔新間/一美/(しんま/かずみ)〕〔鈴木/淳/(すずき/じゅん)〕〔佐佐木/忠慧/(ささき/ただし)〕

著者プロフィール

和歌文学会(ワカブンガクカイ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

2,800円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。