日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 梅光学院大学公開講座論集 5

源氏物語の愉しみ 梅光学院大学公開講座論集第57集

佐藤 泰正(編)

四六判  159頁 並製
定価 1,000円+税
ISBN 978-4-305-60258-9 C0935
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2009年06月
書店発売日 2009年06月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

源氏物語はどう読めば楽しく読めるのか。秋山虔、伊原昭、目加田さくをほか気鋭の論者が述べる、源氏物語読解法。愉しく読む源氏。

紹介

源氏物語はどう読めば楽しく読めるのか。秋山虔、伊原昭、目加田さくをほか気鋭の論者が述べる、源氏物語読解法。愉しく読む源氏。

源氏物語はどう読めば楽しく読めるのか。秋山虔、伊原昭、目加田さくをほか気鋭の論者が述べる、源氏物語読解法。愉しく読む源氏。

目次

秋山虔●「いとほし」をめぐって--源氏物語は原文の未読によるべきこと
目加田さくを●源氏物語の主題と構想
伊原昭●『源氏物語』と色--その一端
田坂憲二●桐壺院の年齢
      --与謝野晶子の「二十歳」「三十歳」説をめぐって
武原弘●第二部の紫の上の生と死--贖罪論の視座から
関一雄●『源氏物語』の表現技法
      --用語選択と避選択・敬語の使用と避使用
安道百合子●『源氏』はどう受け継がれたか
      --禁忌の恋の読まれ方と『源氏』以後の男主人公像
倉本昭●江戸時代人が見た『源氏』の女人--末摘花をめぐって
佐藤泰正●源氏物語雑感--あとがきに代えて

著者プロフィール

佐藤 泰正(サトウ ヤスマサ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,000円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。