日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 梅光女学院大学公開講座

文学における死生観 梅光女学院大学公開講座論集第38集

佐藤 泰正(編)

B6判  169頁 
定価 1,000円+税
ISBN 978-4-305-60239-8 C3395
品切れ・重版未定

奥付の初版発行年月 1996年02月
書店発売日 1996年01月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

[執筆者]安森敏隆/松尾葦江/松浦義夫/吉津成久/徳永哲/広岡義之/増子和男/中野新治/向山淳子/佐藤泰正

紹介

斎藤茂吉、平家物語、キリスト教、ケルト、ヨーロッパ近・現代劇、宮沢賢治、ブライアントとブラウニング…文学における死生観についての論考集。〈ソフトカバー〉

目次

斎藤茂吉の死生観 安森敏隆平家物語の死生観−覚一本の構想と鎮魂− 松尾葦江キリスト教における死生観 松浦義夫ケルトの死生観−愛蘭(あいるらんど)文学との関わりにおいて 吉津成久ヨーロッパ近・現代劇における死生観 徳永哲教育人間学が問う「死」の意味−ボルノーにおける「死生観」を中心に− 広岡義之「死神」談義−中国古小説を中心として− 増子和男宮沢賢治の生と死−「聖なる視線」をめぐって− 中野新治〈文学における死生観〉とは−あとがきに代えて− 佐藤泰正ブライアントとブラウニング:若者向きの死生観と年より向きの死生観 向山淳子〔佐藤/泰正/編(さとう/やすまさ)〕〔安森/敏隆/(やすもり/としたか)〕〔松尾/葦江/(まつお/あしえ)〕〔松浦/義夫/(まつうら/よしお)〕〔吉津/成久/(よしづ/しげひさ)〕〔徳永/哲/(とくなが/てつ)〕〔広岡/義之/(ひろおか/よしゆき)〕〔増子/和男/(ましこ/かずお)〕〔中野/新治/(なかの/しんじ)〕〔向山/淳子/(むこうやま/じゅんこ)〕〔佐藤/泰正/(さとう/やすまさ)〕

著者プロフィール

佐藤 泰正(サトウ ヤスマサ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,000円(税抜)

品切れ・重版未定

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。