日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 梅光女学院大学公開講座

文学における道化 梅光女学院大学公開講座論集第37集

佐藤 泰正(編)

B6判  154頁 
定価 1,000円+税
ISBN 978-4-305-60238-1 C3395
在庫僅少

奥付の初版発行年月 1995年01月
書店発売日 1995年01月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

目次

受苦としての道化−大江健三郎の場合 柴田勝二笑劇(フアルス)の季節、あるいは蛸博士の二重身 花田俊典〈道化〉という仮面−二人の大庭葉蔵を軸として 鶴谷憲三道化と祝祭−スポーツ・祭礼を中心に− 安冨俊雄『源氏物語』における道化−近江の君論− 武原弘濫行の僧たち 宮田尚近代劇、現代劇における道化 徳永哲シェイクスピアの道化−『十二夜』に道化を中心に− 朱雀成子〈文学における道化〉とは−あとがきに代えて− 佐藤泰正ブラウニングの道化役 向山淳子〔佐藤/泰正/編(さとう/やすまさ)〕〔柴田/勝二/(しばた/かつじ)〕〔花田/俊典/(はなだ/としのり)〕〔鶴谷/憲三/(つるや/けんぞう)〕〔安富/俊雄/(やすとみ/としお)〕〔武原/弘/(たけはら/ひろし)〕〔宮田/尚/(みやた/ひさし)〕〔徳永/哲/(とくなが/てつ)〕〔朱雀/成子/(すざく/しげこ)〕〔佐藤/泰正/(さとう/やすまさ)〕〔向山/淳子/(むこうやま/じゅんこ)〕

著者プロフィール

佐藤 泰正(サトウ ヤスマサ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,000円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。