日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。
書評あり

 久保田淳座談集 2

久保田淳座談集 空ゆく雲 王朝から中世へ

久保田 淳(編著) / 馬場 あきこ(著) / 瀬戸内 寂聴(著) / 前 登志夫(著) / 木俣 修(著) / 大岡 信(著) / 松岡 心平(著) / 川平 ひとし(著) / 佐佐木 幸綱(著) / 俵 万智(著) / 水上 勉(著)

四六判  260頁 上製
定価 2,200円+税
ISBN 978-4-305-60029-5 C0395
在庫あり

奥付の初版発行年月 2012年02月
書店発売日 2012年02月27日
登録日 2012年01月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

書評情報

2012-05-13 読売新聞 
2012-05-13 東京新聞/中日新聞 

解説

古典和歌はどう読めばいいのか。語り合いのなかから見えてくる。日本文学研究の泰斗久保田淳のいままで行ってきた数々の座談・対談を集成。日本文学史の根幹をなす、和歌の世界をもっと知りたくなり愛したくなる。

紹介

日本文学研究の泰斗久保田淳が行ってきた数々の座談・対談を集成。日本文学史の根幹をなす、古典和歌の世界をもっと知りたくなる本。

古典和歌はどう読めばいいのか。
語り合いのなかから見えてくる。
日本文学研究の泰斗 久保田淳の、いままで行ってきた数々の座談・対談を集成。
日本文学史の根幹をなす、和歌の世界を、もっと知りたくなり、愛したくなる。そんな本です。

本書には、馬場あき子・瀬戸内寂聴・前登志夫・木俣 修・大岡 信・松岡心平・川平ひとし・佐佐木幸綱・俵 万智・水上 勉らとの対談・座談を収録。

目次

業平と小町—文化現象として◆馬場あき子
貫之から見た業平・小町/「玉造小町」の夢とうつろひ/能本作者の本音と婉曲表現/野晒し説話と光源氏の流れ/逆転劇のドラマ性/和歌の原質としての業平・小町

物書く女たち—和泉式部的なものをめぐって◆瀬戸内寂聴
再発見、女西行/愛の軌跡—『煩悩夢幻』の世界/墨染への意志/和泉式部的系譜と紫式部的系譜/劣等感+優越感……/「はるかに照らせ……」

西行 その風土、時間、そして歌◆前登志夫
吉野の桜/歌集『霊異記』/西行と万葉/芭蕉、良寛、河上肇/言葉の呪力/題知らずの歌/自然/縄文的なるもの

定家◆木俣修・大岡信
現代詩人と中世詩との関り合い/白秋に貫く俊成と定家/ボードレールと定家は繋げられるか/詞への執念と伝統の確立/定家の園芸趣味とその精神力/後鳥羽院に鬱陶しがられた定家の人柄/貴族文化へあこがれた実朝と定家/現代の詩歌に於ける題詠を探る……/古典をくぐらずして詩人の練成はない/新古今調への偏見と思慕/定家と芭蕉は結べるか/連句に一番遠い現代俳句

藤原定家の世界◆松岡心平
定家のイメージは?/俊成最愛の妻、美福門院加賀/式子はいつも後ろ向き/定家の恋心/憧れの女性/歌人としての定家/葛と雨/禅竹作者考/正徹の影響/死んでなお……

源実朝の歌と人物◆川平ひとし・佐佐木幸綱・俵万智
二つのテキスト/実朝の素人っぽさ/『新古今集』と実朝/題詠と実朝/「われ」「わが」の表現/読み手の思い入れ/「世の中は…」/「おほうみの……」/私の好きな実朝の歌

中世の風 一休、そして蓮如◆水上勉
ゆかりの寺/水上一休/後小松天皇落胤説/森侍者/明恵、そして蓮如/白骨と肉体/歴史に寄り添う

対談・座談おぼえがき

著者プロフィール

久保田 淳(クボタ ジュン)
昭和8年(1933)年東京の生まれ。昭和31年、東京大学文学部国語国文学科卒業。同36年同大学大学院人文科学研究科国語国文学専門課程博士課程修了。文学博士。東京大学助手、白百合女子大学助教授、東京大学助教授、同教授、白百合女子大学教授を経て、現在東京大学名誉教授。著書に『新古今歌人の研究』(昭48 東京大学出版会)、『日本人の美意識』(昭和53 講談社)、『日本古典文学大辞典』全6巻共編(昭和58〜60 岩波書店)、『花のもの言う』(昭59 新潮社)、『古典歳時記 柳は緑花は紅』(昭63 小学館)、『中世和歌史の研究』(平5 明治書院)、『吉田兼右筆十三代集 玉葉和歌集』編著(平7 笠間書院)、『岩波講座日本文学史』全17巻共編(平7〜9 岩波書店)、『隅田川の文学』(平8 岩波書店)、『和歌文学大系』監修(平9〜 明治書院)、『新版日本文学大年表』共編(平14 おうふう)、『ことば、ことば、ことば』(平18 翰林書房)、『久保田淳著作選集』全3巻(平16 岩波書店)、『野あるき花ものがたり』(平16 小学館)、『岩波 日本古典文学辞典』(平19 岩波書店)、『歌の花、花の歌』(平19 明治書院)、『旅の歌、歌の旅—歌枕おぼえ書』(平20 おうふう)、『徒然草 物語の舞台を歩く』(平21 山川出版社)、『新古今和歌集全注釈』全6巻(平23〜 角川学芸出版)など多数。
馬場 あきこ(ババ アキコ)
1928年、東京生まれ。日本女子専門学校(現昭和女子大学)国文科卒業。在学中より短歌と能に親しみ、二十九年間教職にあった。昭和22年「まひる野」に入会。昭和53年歌誌「かりん」を創刊。これまで短歌に与えられた賞は迢空賞、読売文学賞、毎日芸術賞、朝日賞、現代短歌大賞などがある。朝日歌壇選者。また古典評論、能芸論の分野も広く、「式子内親王」「鬼の研究」「風姿花伝」などがあり、平成15年、日本芸術院賞を受賞。
瀬戸内 寂聴(セトウチ ジャクチョウ)
1922年徳島市生まれ。東京女子大学卒業。'61年田村俊子賞、'63年女流文学賞受賞。'73年中尊寺で得度受戒。'87年岩手県浄法寺町天台寺住職に就任(2005年まで。現名誉住職)、'92年谷崎潤一郞賞、'96年芸術選奨文部大臣賞、文化功労者となる。'98年NHK放送文化賞、 '01年野閒文芸賞、'02年大谷竹次郎賞、'06年イタリア国際ノニーノ賞、文化勲章受章。'07年比叡山禅光坊住職に就任。'08年坂口安吾賞受賞。 '11年岩手日報文化体育賞受賞、泉鏡花賞受賞。
前 登志夫(マエ トシオ)
大正15年、奈良県生まれ。半世紀にわたり吉野山中にあり、現代短歌に独自の歌風をひらいた孤高の作家。芸術院会員。「山繭の会」主宰。2005 年に長年の作歌活動に対して芸術院賞恩賜賞を受ける。詩集に『宇宙駅』、歌集に『子午線の繭』『霊異記』『縄文紀』(迢空賞)『樹下集』(詩歌文学館賞)『鳥獣蟲魚』(斎藤茂吉短歌文学賞)『青童子』(読売文学賞)『流轉』(現代短歌大賞)『鳥總立』(毎日芸術賞)。他に『吉野紀行』『山河慟哭』『森の時間』『明るき寂寥』など多くの随筆集がある。平成20年逝去。
木俣 修(キマタ オサム)
1906-1983 昭和時代の歌人、国文学者。明治39年7月28日生まれ。北原白秋門下。白秋の死後、「多磨」編集にあたる。昭和28年「形成」を創刊主宰。49年「木俣修歌集」で芸術選奨、57年「雪前雪後」で現代短歌大賞、58年芸術院恩賜賞。昭和女子大、実践女子大教授。昭和58年4月 4日死去。76歳。滋賀県出身。東京高師卒。本名は修二。著作に「白秋研究」「昭和短歌史」など。
大岡 信(オオオカ マコト)
昭和6年、静岡県三島市生まれ。詩人。東京芸術大学名誉教授。日本芸術院会員。昭和28年、東京大学国文学科卒業。『読売新聞』外報部記者を経て昭和45年、明治大学教授、63年東京芸大教授。平成2年、芸術選奨文部大臣賞受賞。平成7年恩賜賞・日本芸術院賞、8年、1996年度朝日賞受賞。平成 9年文化功労者。平成15年、文化勲章受章。著書に『大岡信詩集』(平16 岩波書店)、『折々のうた』(昭55〜平4 岩波書店)など多数。
松岡 心平(マツオカ シンペイ)
昭和29年、岡山県生まれ。東京大学大学院国語国文学博士課程満期退学。能楽研究者。東京大学大学院総合文化研究科教授(日本中世演劇)。たまたま観世寿夫の仕舞「藤戸」を見て、寿夫の〝劇〟そのものという〝身体〟に魅入られ、能の世界に入る。「橋の会」運営など創造的研究とともに実践を重んじ、能の復曲(「重衡」「箱崎」)を手掛け、能の研究誌の編集もこなす。また曲の典拠となる〝場〟を体現すべく、フィールドワークを心がける。著書に、『宴の身体—バサラから世阿弥へ—』(岩波現代文庫、2004年)、『能—中世からの響き—』(角川書店、1998年)、『中世芸能を読む』(岩波書店、 2002年)など。
川平 ひとし(カワヒラ ヒトシ)
昭和22年、沖縄県生まれ。昭和52年早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。専攻は中世和歌文学。コロンビア大学客員研究員、跡見学園女子大学文学部教授を歴任。主な著書に『中世和歌集 鎌倉篇』(共著 平3 岩波書店)、『中世和歌論』(平15 笠間書院 第26回角川源義賞受賞)、『影印本 鴫の羽搔』(共著 平17 新典社)など。平成18年逝去。
佐佐木 幸綱(ササキ ユキツナ)
昭和13年、東京都生まれ。歌人・国文学者。早稲田大学名誉教授。「心の花」主宰。雑誌「文芸」編集長をつとめたのち、早稲田大学政経学部で長く教鞭をとる。歌集に『百年の船』(平17 角川書店)、『ムーンウォーク』(平23 ながらみ書房)、評論集に『柿本人麻呂ノート』(昭57 青土社)など多数。
俵 万智(タワラ マチ)
昭和37年12月31日、大阪府生まれ。昭和60年早稲田大学第一文学部日本文学科卒。歌人。大学在学中より作歌を始め、第一歌集「サラダ記念日」が200万部のベストセラーとなる。昭和63年第32回現代歌人協会賞を受賞。最も注目を集める歌人の一人。主な著書に『プーさんの鼻』(平17 文藝春秋)『愛する源氏物語』(平15 文藝春秋)など。
水上 勉(ミズカミ ツトム)
大正8年、福井県生まれ。九歳のとき京都の禅寺に預けられる。12歳で相国寺塔頭瑞春院の得度式を受け、その後還俗。立命館大学国文科中退の後、様々な職を経て『フライパンの歌』で作家デビュー。昭和36年『雁の寺』で直木賞受賞。主な作品に『五番町夕霧楼』『越前竹人形』『はなれ瞽女おりん』『飢餓海峡』『宇野浩二伝』『くるま椅子の歌』『父と子』『精進百撰』など。直木賞選考委員、芥川賞選考委員など歴任。平成16年逝去。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

2,200円(税抜)

在庫あり

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。