日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 和歌文学会論集

歌ことばの歴史

小町谷 照彦(編) / 三角 洋一(編)

A5判  242頁 
定価 5,800円+税
ISBN 978-4-305-40111-3 C3392
品切れ・重版未定

奥付の初版発行年月 1998年05月
書店発売日 1998年05月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

「歌ことば」とは何か。「歌ことば」の歴史的展開を跡づけ、その変容と本質を究明する刺激的な論文集。和歌文学会の最前線の研究成果を、和歌研究者のみならず他領域を含めた内外の読者に解放することを目指す。

目次

〔和歌文学会//(わかぶんがくかい/)〕

著者プロフィール

小町谷 照彦(コマチヤ テルヒコ)
〈小町谷〉1936年生まれ。東京学芸大学教育学部教授。著書に「源氏物語の歌ことば表現」など。
三角 洋一(ミスミ ヨウイチ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

5,800円(税抜)

品切れ・重版未定

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。