日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 昭和文学研究 5

昭和文学研究 第56集

昭和文学会編集委員会(編)

A5判  230頁 並製
定価 4,200円+税
ISBN 978-4-305-00356-0 C3393
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2008年03月
書店発売日 2008年04月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

学会誌として、従来、会員以外は入手困難だったものが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年二回刊行。

学会誌として、従来、会員以外は入手困難だったものが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年二回刊行。

目次

【特集 追放/亡命/漂流】
山中峯太郎とその記号的「漂流」
   ―昭和初期の『主婦之友』掲載言説を中心に―  副田賢二
「私の胸には血潮のバラが咲いた」
   ―反戦エスペランチスト・長谷川テルの「文学」―  島村輝
小栗虫太郎『紅軍巴蟆を越ゆ』論
   ―〈密林〉の文体―  小松史生子
漂泊する〈わたし〉
   ―石川淳「葦手」のなかの歌謡・家族―  若松伸哉
漂流する神
   ―折口信夫「死者の書」における「まれびと」像―  早川芳枝
横光利一「橋を渡る火」論
   ―ロシアのイメージをめぐって―  日置俊次
彷徨える〈兵隊〉たち
   ―火野葦平『戦争犯罪人』論―  羽矢みずき
紙の中の不可耕土
   ―開高健『ロビンソンの末裔』―  鳥羽耕史
  -----------------------------------------------------------------------
〈都会の底〉に生きる少女たちの行方
   ―室生犀星「女の図」に見る徳田秋聲「チビの魂」の比較を通して--  能地克宜
太宰治「春の枯葉」と占領下の〈学校〉表象  永吉寿子
朝鮮・台湾・金石範の済州
   --冷戦期リアリズムの創出--  佐藤泉
安部公房「壁あつき部屋」試論
   --罪責の行方--  木村陽子
金井美恵子「兎」をめぐるクィア
   ―〈少女〉の物語から〈私〉の物語へ--  武内佳代

●研究動向
片山廣子/松村みね子  吉川豊子
山田風太郎  谷口基
多和田葉子  谷口幸代

●研究展望
旧改造社関係資料の概要と可能性  黒田俊太郎・三浦卓
アニメーション言論の新たな地平へ  石曽根正勝
高橋新太郎文庫のこと  松村良

●書評
菅本康之『モダン・マルクス主義のシンクロニシティ 平林初之輔とヴァルター・ベンヤミン』 西村将洋
疋田雅昭『接続する中也』 加藤邦彦
鳥羽耕史『運動体・安部公房』 菅本康之
尾西康充『椎名麟三と〈解離〉 戦後文学における実存主義』 立尾真士
高橋昌子『藤村の近代と国学』 渡邊英理

●新刊紹介
水田宗子・長谷川啓・北田幸恵編『韓流サブカルチュアと女性』
真銅正宏『小説の方法 ポストモダン文学講義』
国際寺山修司学会編『寺山修司研究 Vol.1』
羽鳥徹哉・布川純子監修 成蹊大学大学院近代文学研究会編『現代のバイブル 芥川龍之介「河童」注解』
佐藤公一『小林秀雄のコア 文学イデオローグ』
都築久義『昭和の戦争と文学者』
藤本寿彦『幸田文「わたし」であることへ』

●会務委員会だより

著者プロフィール

昭和文学会編集委員会(ショウワブンガクカイヘンシュウイインカイ)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

4,200円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。