日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 古典ルネッサンス

平家物語転読 何を語り継ごうとしたのか

日下 力(著)

四六判  290頁 
定価 1,900円+税
ISBN 978-4-305-00274-7 C1093
在庫あり

奥付の初版発行年月 2006年04月
書店発売日 2006年04月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

平家物語全12巻のエッセンスを本書一冊で読む。それが「転読」。女性の祈りとともに、いくさの物語が閉じられる平家物語は、何を語り継ごうとしたのか。巻一から巻十二まで、ポイントを丁寧に読みながら、面白さを語り伝える。新説多数収録。

目次

はしがき第一 章 乱世を生み出す心—鹿の谷事件第二章 人間の描出—以仁王事件第三章 それぞれの生—都落ちのドラマ第四章 戦いの現実—一の谷合戦の酷第五章 終局と残映—語りつがれたもの付録 『平家物語』関連歴史年表 ◆皇室系図 ◆平氏系図 ◆源氏系図参考文献

著者プロフィール

日下 力(クサカ ツトム)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

1,900円(税抜)

在庫あり

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。