日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 高岡市万葉歴史館論集

道の万葉集 高岡市万葉歴史館論集9

高岡市万葉歴史館(編)

四六判  360頁 
定価 2,800円+税
ISBN 978-4-305-00239-6 C1392
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2006年03月
書店発売日 2006年03月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

万葉集に詠まれた、交通路としての「道」をテーマに、陸の道、川の道、海の道と行幸の道、配流の道、葬送の道、また大陸からの文物将来の道や古代の官道等、古代人の足跡をたどる。国文学・歴史地理学の第一線の研究者が新たな視点で問い直す論集。

目次

総論ー万葉集の道(小野寛)越への道〈近江を含めて〉について(佐藤隆)東海道をゆく万葉の旅人(影山尚之)瀬戸内海の道ー遣新羅使の歌を中心に(森斌)持統女帝の旅路ー行幸と行幸歌(田中夏陽子)聖武天皇の行幸と和歌(高松寿夫)天皇・皇子の葬送の道ー天智・高市の殯宮挽歌を中心に(渡瀬昌忠)旅の歌人 高市黒人の道(関隆司)配流された萬葉びとー記録者としても家持(新谷秀夫)大唐への道ー山上憶良「在大唐時、憶本郷作歌」の周辺(藏中進)歴史地理的に見た「道の万葉集」(木下良)鑑真入京の道(川崎晃)

著者プロフィール

高岡市万葉歴史館(タカオカシマンヨウレキシカン)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

2,800円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。