日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 高岡市万葉歴史館論集

色の万葉集 高岡市万葉歴史館論集7

高岡市万葉歴史館(編)

四六判  354頁 
定価 2,800円+税
ISBN 978-4-305-00237-2 C1392
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2004年03月
書店発売日 2004年03月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

万葉に詠まれた日本固有の色から古代を読み解く。[執筆者]大久間喜一郎/志水義夫/田中夏陽子/上野誠/関隆司/阿蘇瑞枝/伊原昭/山口博/新谷秀夫/尾形充彦/百橋明穂/川晃

紹介

「いろ」は、色彩を意味するだけでなく、男女の情愛に関する語でもある。色彩や男女の情愛は万葉世界でいかに表現され、詠まれているのだろう。国文学・歴史学のみならず染色史や絵画史から万葉人の「色」の感覚に迫る。

著者プロフィール

高岡市万葉歴史館(タカオカシマンヨウレキシカン)

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

2,800円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。