日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する笠間書院の、本の販売サイトです。送料無料で直接販売いたします。クレジット決済[Paypal]のみ。ぜひご利用下さい。

 高岡市万葉歴史館論集

音の万葉集 高岡市万葉歴史館論集5

高岡市万葉歴史館(編)

四六判  384頁 
定価 2,800円+税
ISBN 978-4-305-00235-8 C1392
在庫僅少

奥付の初版発行年月 2002年03月
書店発売日 2002年03月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

万葉びとの「音環境」に思いをめぐらせてはいかが。[執筆者]大久間喜一郎/稲岡耕二/青木生子/田中夏陽子/内藤明/近藤信義/関隆司/新谷秀夫/山口博/鶴久/荻美津夫/川晃

紹介

人の声、鶏のさえずりや羽音、動物の鳴き声や足音、樹々をわたる風、小川のせせらぎなど『万葉集』の「音」に関する表現、表記、語法、音韻の問題、さらに音楽制度などを通して万葉びとの音の感性に迫る。

目次

万葉歌と歌謡と 大久間喜一郎〈声の歌〉・〈文字の歌〉 稲岡耕二人にかかわる「音」世界 青木生子『萬葉集』の獣歌にみる音の表現−鹿の歌を中心として− 田中夏陽子『万葉集』に鳴く鳥 内藤明万葉からの視線−桓武天皇歌のホトトギス− 近藤信義自然の音 関隆司響かぬ楽の音−家持がうたわなかった「音」− 新谷秀夫東北アジアの弓の音 山口博上代語における「音」に関しての私見 鶴久古代の音楽制度と『万葉集』 荻美津夫古代日本の王言について−オホミコト・ミコト・ミコトノリ− 川崎晃

著者プロフィール

高岡市万葉歴史館(タカオカシマンヨウレキシカン)
昭和8年静岡県生まれ。法政大学大学院日本文学科修士課程修了。現在、二松学舎大学大学院文学研究科教授。編著に「仏教界に辞書は在ったか」など。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから

2,800円(税抜)

在庫僅少

送料無料

PayPalを利用して直接購入

購入手順のご案内
発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。